利尻ヘアカラートリートメント。
染まりやすく髪にやさしいと大評判

白髪の原因

白髪の原因

「幹細胞がストレスに抵抗し品質を保つ仕組みを解明」
― アンチエイジングや再生医療に光 ―

 東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の西村栄美教授らの研究グループは、金沢大学、(株)コーセー、北海道大学などとの共同研究で、身近な老化現象である白髪がおこる仕組みを解明しました。黒髪のもとになる色素幹細胞がゲノム損傷ストレスにより分化成熟し自己複製しないため幹細胞が枯渇し白髪になることが明らかになりました。さらに、幹細胞において幹細胞性チェックポイントなるものが存在し、その品質によって幹細胞を分化させるかどうか幹細胞運命を制御することで幹細胞プールの質と量を制御していることが明らかになりました。再生医療における安全性向上やアンチエイジングに向けての新たな展開が期待されます。この研究は金沢大学在任中からの文部科学省科学研究費補助金・若手研究(S)や、その他複数の助成金の支援のもとでおこなわれたもので、その研究成果は、国際科学誌Cell(セル)に、2009年6月12日付で掲載発表されました。

ポイント

加齢やストレスで白髪になる仕組みについては謎であったが、色素幹細胞が分化することで幹細胞が枯渇すると白髪をひきおこすことが判明。
色素幹細胞が一定以上のゲノム損傷により、"分化"という運命を辿ることが判明。
アンチエイジングや再生医療への応用が期待されます。 研究成果の概要と意義


 多細胞生物が老化する仕組みについては古くから諸説あるものの未だ謎に包まれています。白髪も典型的な老化現象の一つで、加齢やストレスの関与は知られてきましたが、その仕組みについては不明でした。西村教授らは、2002年に黒髪のもとになる色素幹細胞をはじめて発見し、2005年には色素幹細胞が枯渇すると白髪になることを見いだしていましたが、その仕組みについては明らかではありませんでした。また、加齢に伴って組織幹細胞にゲノム損傷が蓄積し、アポトーシスや細胞老化といった運命を辿るのではないかと推測されていましたが、実際に生体内でそのようなことが起こっているのかどうか不明でした。
 今回、マウスにおいてゲノム損傷後の色素幹細胞の運命解析を行った結果、色素幹細胞に一定レベル以上のゲノム損傷応答が誘発されると、幹細胞の分化が誘導され自己複製しなくなることをつきとめました。驚くべきことに、白髪誘発量程度のゲノム損傷では、従来考えられてきたようなアポトーシスや細胞老化といった運命ではなく、むしろ色素幹細胞が未分化性を失って成熟した色素細胞へと分化することが分かりました。その結果として幹細胞が枯渇すると、成熟した色素細胞が供給できなくなるため白髪を発症することが明らかになりました。さらに、ヒトの早老症原因遺伝子であるATM遺伝子を欠損するマウスの解析から、ATMが、 "幹細胞性維持の監視機構"(ステムネス・チェックポイント)として機能して幹細胞の質を維持することで、幹細胞が分化して枯渇してしまわないように働くことが明らかになりました。この研究をさらに発展させることにより、再生医療における安全性向上やアンチエイジングに向けての新たな展開が期待できます。

(東京医科歯科大 プレスリリース より)


白髪の原因は「色素幹細胞」の枯渇
2009年6月、東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の西村栄美教授らの研究グループが、白髪になる仕組みを解明した、とアメリカの国際科学誌Cell(セル)に、2009年6月12日付で掲載発表しました。発表によると、マウスによる実験で、黒髪の色素(メラニン色素)を作る「色素幹細胞」が DNAの損傷を修復できずに「自己複製」しないで、すべて「分化(=それぞれの細胞が役割に見合う機能を身につけていくこと)」することがわかりました。その結果、色素幹細胞が枯渇して色素を作る細胞がなくなり、白髪になるそうです。

この白髪になる仕組みは、今回、初めて解明されました。

■色素幹細胞がなくなると毛髪の色素もなくなる
幹細胞は、すべての細胞のもとになる細胞で、自分自身を無限に複製できる能力(自己複製)と、特殊な機能を持つ細胞へと分化する能力(多分化)を持っています。毛嚢(もうのう)にある色素幹細胞は、自己複製できるだけでなく、メラニン色素をつくる色素細胞(メラニン細胞)へと分化することもできます。

■白髪を根本的に治療できるようになるのは先の話

白髪予防・治療へのゴールは、今から、ここから!
今回、白髪の仕組みを解明した西村教授らのグループは、2002年に黒髪の色素を作る色素幹細胞を初めて発見し、2005年には色素幹細胞が枯渇すると白髪になることを発見していました。2009年、ようやく白髪になる仕組みが解明した、というわけです。たいへん長い道のりです。しかもここまでは、マウスによる実験段階であり、ヒトへの応用はこれから、という段階です。

また、ひとつの薬が使えるようになるまでに、10年以上かかります。もし今すぐに、白髪に効く薬が開発されたとしても、私たちが使えるようになるまでは、さらに10年以上はかかることになります。

白髪の根本的な解決は、もう少し先の話のようです。

■頭皮を紫外線から守り、DNAの損傷を食い止める!

頭皮のUVケアが白髪予防にもつながる!
ただ、色素幹細胞のDNAの損傷を食い止めることは、今すぐにでも始められそうです。それは、「頭皮を紫外線から守る」こと。紫外線は、幹細胞に悪影響を与え、DNAを損傷させる原因のひとつだからです。

もともと頭皮は、約4mm厚みがあり、人体の皮膚(表皮+真皮)中で一番厚くなっています。これは、色素幹細胞がある毛嚢(もうのう)を、紫外線などの外部刺激から守るためだとされています。頭皮は太陽に一番近く、いつも紫外線にさらされています。それを防ぐことで、DNAの損傷を食い止めることができるかもしれません。

頭皮用のUVカット製品(日焼け止めクリームやローションなど)はありませんが、皮膚用のものを使うと良いでしょう。ただし、日焼け止めを付けた日は、いつもよりも丁寧にシャンプーしてください。

帽子や日傘で頭部を守る、というのも効果があります。可能であれば、紫外線が強い時間帯(10:00~14:00)の外出を控えることもおすすめします。

近い将来、頭皮や色素幹細胞を紫外線から守るための成分を配合した「白髪予防クリーム」のようなものが登場するかもしれませんね。

■規則正しい生活が白髪を防ぐ!
白髪は、色素幹細胞のDNAの損傷が原因ですが、紫外線のような外的要素だけでなく、内的要素、つまりストレスなども関与していると考えられています。それを考えると、ストレスを解消するための運動や趣味、生活習慣や食生活にも目を向ける必要があると思います。規則正しい生活を送り、バランスのよい食事を摂る──毎日の生活を見直すことも、白髪予防につながることなのかもしれません。


白髪を根本的に治療できるようになるのは先の話

白髪予防・治療へのゴールは、今から、ここから!
今回、白髪の仕組みを解明した西村教授らのグループは、2002年に黒髪の色素を作る色素幹細胞を初めて発見し、2005年には色素幹細胞が枯渇すると白髪になることを発見していました。2009年、ようやく白髪になる仕組みが解明した、というわけです。たいへん長い道のりです。しかもここまでは、マウスによる実験段階であり、ヒトへの応用はこれから、という段階です。

また、ひとつの薬が使えるようになるまでに、10年以上かかります。もし今すぐに、白髪に効く薬が開発されたとしても、私たちが使えるようになるまでは、さらに10年以上はかかることになります。

白髪の根本的な解決は、もう少し先の話のようです。

■頭皮を紫外線から守り、DNAの損傷を食い止める!

頭皮のUVケアが白髪予防にもつながる!
ただ、色素幹細胞のDNAの損傷を食い止めることは、今すぐにでも始められそうです。それは、「頭皮を紫外線から守る」こと。紫外線は、幹細胞に悪影響を与え、DNAを損傷させる原因のひとつだからです。

もともと頭皮は、約4mm厚みがあり、人体の皮膚(表皮+真皮)中で一番厚くなっています。これは、色素幹細胞がある毛嚢(もうのう)を、紫外線などの外部刺激から守るためだとされています。頭皮は太陽に一番近く、いつも紫外線にさらされています。それを防ぐことで、DNAの損傷を食い止めることができるかもしれません。

頭皮用のUVカット製品(日焼け止めクリームやローションなど)はありませんが、皮膚用のものを使うと良いでしょう。ただし、日焼け止めを付けた日は、いつもよりも丁寧にシャンプーしてください。

帽子や日傘で頭部を守る、というのも効果があります。可能であれば、紫外線が強い時間帯(10:00~14:00)の外出を控えることもおすすめします。

近い将来、頭皮や色素幹細胞を紫外線から守るための成分を配合した「白髪予防クリーム」のようなものが登場するかもしれませんね。

■規則正しい生活が白髪を防ぐ!
白髪は、色素幹細胞のDNAの損傷が原因ですが、紫外線のような外的要素だけでなく、内的要素、つまりストレスなども関与していると考えられています。それを考えると、ストレスを解消するための運動や趣味、生活習慣や食生活にも目を向ける必要があると思います。規則正しい生活を送り、バランスのよい食事を摂る──毎日の生活を見直すことも、白髪予防につながることなのかもしれません。

メラニン細胞(めらにんさいぼう、英: melanocyte)は、メラニンを形成する細胞。メラノサイトとも呼ばれる。チロシナーゼを有し、血液からのチロシンからメラニンを生成する。毛母基、脂腺、汗腺、真皮、脈絡膜、虹彩、髄膜、子宮小丘などに出現する。表皮内に存在するものを特に表皮メラノサイトと呼ぶ場合がある。メラニンは紫外線による体細胞の損傷を防ぐ機能を有する。メラニン細胞刺激ホルモン(MSH)はメラニン細胞のチロシナーゼを活性化させ、メラニン合成を促進する。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0